お知らせ
- Infomation -

大峰修行

昨日の夜に姫路を出発し、今日の未明より三重県の天川村にある大峰山と言うところに登ってまいりました

大峰山とは(簡単に言いますと)その昔仏教の修行のためにやってきた僧侶たちが切り開いた山とされ、その後も山岳宗教のメッカとして山伏たちの修行の場として今日まで栄えてきたそうです

広い意味ではその付近に広がる山脈一帯を大峰山と呼ぶことも多いそうですが一般的には山上ケ岳(1719m)の頂を大峰山と呼ぶそうですよ!

今回はひょんなことからこの大登登山(修行)に参加させていただいたわけですがさてどんな修行になるのでしょうか?

つたないブログですが日記風に綴ってみました(笑)

登山口でもある大峯大橋(清浄大橋)のふもとの駐車場に到着した御一行は早速めいめいの身支度をすませ深夜0時30分ごろには登山を開始!

20140728_406321

真っ暗で何も見えない登山道をヘッドランプのあかりだけを頼りに進んで行きました

最初の感想としましては『大峰山と言ってもこれくらいなもんかいな』と事前に予想していた山道とは全然違う平凡過ぎる山道に少し物足りなさを感じておりましたが、、、

なんのなんの、山の中腹を過ぎたころからは鎖場のようなものも現れそれなりに過酷さのほどが増してまいりました

2014-07-27 04.02.20.jpg

睡眠不足と披露の蓄積が原因なのでしょうか?

いや、先ほどまで満天の星空だった天気が急変したのが原因なのでしょうか?

最後の山小屋を出発したころにはメンバーの口数もだんだんと少なくなり黙々と前進する姿だけが印象的だったように思います

視界も最悪を極め5m先を進む人の姿さえ見失ってしまうほどのガスがたち込めておりました

なので山頂で見る予定であった御来光もこの通り。。。

2014-07-27 04.50.27.jpg

御来光の『ご』の字も拝むことなく早速カップヌードルをすすらせていただきました(笑)

2014-07-27 05.07.21.jpg

この後は(私の勝手な予定ですが)山頂付近でしばし休息をとり下山の準備に取り掛かるもんだと思ってましたら・・・

突然遠くから『は~い今回はじめての人は裏行に行ってくださいね~』ですと!

『裏行』とは新客さんに用意されている大峰山の修行の一種!

噂には聞いておりましたがやっぱり私も参加しないといけなかったのね。

結局何の選択肢も与えられないまま先導のおにーちゃんに連れられ行場まで来てしまいました(笑)

2014-07-27 06.15.48.jpg

詳しいことはよくわかりませんがこの裏行には女性の子宮に見立てた岩をくぐり抜け、数々の難所をクリアしてまた現世に戻ってくれば「再生」を果たすという意味があるみたいですよ

要は『まっとうな人間になって帰ってこい』と言う意味ですね!私はもともとまっとうな人間なので修行をする必要はないのにね(チガウか笑)

さて冗談はさておき行場を進んで行くにつれことの重大さがわかってまいりましたよ

当初は修行と言っても安全が第一!

いわばお客さんでもある我々にそんな危険な目にあわせることなどないよな、と超安気に考えておりましたら・・・

そんなことはなかったのね(涙)

次々と待ち受ける試練が我々を待ち構えておりました

2014-07-27 06.43.28.jpg

写真はその行場の一つなのですがご覧のように命綱もなければ転落防止用のネットもなし、親綱もなければ安全帯もない岩場を自分の手と足だけを頼りに突き進んでいきます

2014-07-27 06.46.55.jpg

先導のにーちゃんは涼しげな顔で『はい皆さん気を付けてくださいね!ここは数年前落下事故があり大けがをされた行者さんがドクターヘリで搬送されたところです』なんて、励ましているのかビビらしているのかわからないようなことを口走っておりました

でもケガで済んだら儲けもんですよね

下の写真なんて平等岩と言って断崖絶壁にある三角岩の周りを命綱なしで回り込むんですもんね

2014-07-27 06.56.51.jpg

今日は曇りで下がよく見渡せませんでしたが、万が一転落したら軽く数百メートルは真っ逆さまだそうですよ

2014-07-27 06.55.05.jpg

なんだかんだ言いながらも結局無事裏行を終えまっとうな人間へと生まれ変わることができたのですが、こんな怖い思いをしたのは久しぶりのような気がします

生半可な気持ちで臨むとまさに命とりですね

三点支持を心がけ一歩一歩慎重に進んで行きました。。。

宿坊に戻ると先輩行者たちから『よく頑張った!』とお褒めの言葉をいただきましたが、次に出た言葉には耳を疑いましたね(笑)

『さあ今度は「のぞき」行ってみよか!』ですと

「のぞき」とは言わずと知れた大峰修行の目玉中の目玉

断崖絶壁の上より命綱一本で吊り下げられ(はしないけど)眼下に見える御不動さんを覗き見るというそれはもう怖い怖い修行のひとつ

ここはひとつ腹をくくって、、と気持ちを落ち着かせながらのぞき場へと進んでまいりますと、、、

な、なんと!今日は修行をしてくれるおっちゃんたちが居ないではないですか!!

心の中では「ラッキー~♪」とつぶやきながらも言葉では「あ~せっかく楽しみにしてたのに~」と一応残念そうにつぶやいておきました(笑)

2014-07-27 07.29.35.jpg

せっかくなので記念撮影をパシャリ~☆

2014-07-27 07.33.38.jpg

「来年は必ずチャレンジします」と強い決意を固めたふりだけをしておきました(笑)

さあそうと決まれば後は下山するだけですね♪

マイナスイオンをたっぷりと感じながら
2014-07-27 07.38.33.jpg

早朝より登ってこられる行者の方たちと「よーお参り」と挨拶を交わしながら
2014-07-27 07.37.02.jpg

昨日の夜は全く見えなかった景色を楽しみながら各々のペースで下山して行きました

その後はふもとの宿屋さんでひとっ風呂!

疲れきった体を癒すべくしっかりとアルコールをチャージしておきました(笑)

2014-07-27 11.13.37.jpg

我々が下山して間もなくしたころゲリラ豪雨のような雨が降りだしておりましたが、山中の人たちは大丈夫だったのでしょうか?

2014-07-27 13.56.43.jpg

ガスで御来光が見えないと嘆くよりも、この大雨に降られなかったことを喜んでおきたいと思います

お世話になった同伴者の方々、本日は本当にありがとうございました!

講習会

今日は久しぶりに新大阪まで足を伸ばし「既存住宅現況検査技術者」と言う資格を取るべく講習会に参加してまいりました!


20140703_390187

この「既存住宅現況検査技術者」とは中古住宅が流通する際などにその住宅の性能をインスペクションする人のことで、国土交通省が示す
「既存住宅インスペクションガイドライン」に基づいてその住宅を評価します

・・・・ ・・・・ ・・・・

何だかよくわからない言い回しですよね(笑)

ようはこの「現況検査技術者」が中古住宅や既存住宅などの現況を国が定める基準に基づいて調査し、その調査結果をお施主様に報告するといういわば住宅の健康診断みたいなものと言うことになります

20140703_390185

ちょうど昨年にもこの第1回目の講習会が開催されていたのですが、私都合により参加することができず、今年の受講となったわけであります

講習は丸1日講習の考査付!

うかうかお昼寝もしていられませんね(笑)

今年も全国16会場で順次講習会が開催されているようですが、ここ大阪でも250名超の方々が参加されておりましたよ

残念ながら会場内は撮影禁止と言うことでその様子はお伝えできませんが建築士をはじめ建築業界の精鋭たちが熱心に受講されておりました!

なので代わりにお昼に食べた巨大なナンの写真でも添付しておきたいと思います(笑)
20140703_390186

これで弊社も公的な判断に基づいた既存住宅のインスペクションが可能になりました!

詳しいことはまたDMなどを通じてご案内させていただきますので、ご興味のある方は是非ともお問い合わせくださいませ!

最後までお読みいただきありがとうございます!

強く思うこと

少し古い話になりますが先日の松山選手の優勝にはビックリいたしましたね

若干22歳と言う若さで米ゴルフツアーを制した彼ですが、その優勝にたどりつくまでの根源とも言えるインタビューでの彼の一言がとても印象に残りました

その記者の問いかけに対してかみしめるように発した彼の一言

『負けたくないんで!』

今回の優勝はこの一言に尽きると思います

もちろんすべての選手が『負けたくない』と言う気持ちを持って試合に臨んでいたと思いますし、松山選手だってその『負けたくない』選手の一人だったかと思います

では何が違ったのか?

それは『負けたくない』と言う気持ちの強さと今日の今日までそう強く思い続けてきたこと

先日のインタビューで感慨深く発したその一言にはそんな意味が込められていたような気がいたしました

その時私が感じたのは『思いは叶うんだ』と言うことです

誰よりもそうなりたい強く思うこと、誰よりもそうなりたいと強く思い続けることによって夢が現実になるスピードも変わって来ると言うこと

もちろん生まれもったセンスや運動神経も大切だと思いますが、努力する能力もまた必要だと言うこと

努力し続けることができるほど強く思うことが大切だということです!

まあ逆説的に言いますと、思いが弱ければ弱いほど物事と言うのは成就しえないものでありまして、私を含めた世のダメ人間たちはスッポリとこの公式に当てはまっているような気がします(笑)

仕事も一緒、勉強も一緒、はたまた恋愛も一緒?

この仕事がほしい!この学校に入りたい!彼女がほしい?この子と結婚したい?と、誰よりも強く思った時こそ知恵と勇気が沸いてくるものだとも思います

世の中はすべてこんな感じで成り立っているのではんまいでしょうか?

チガウカ、笑

松山選手が若干22歳にして米ツアーを制することができたのは小さいこころから誰よりも強くそう思い続けてきたことからの必然

すべての源はこの心の中の思いから始まっていたような気がします!

なので私もまずは強く思うところから始めてみたいと思います!

てか、それが出来れば苦労しやんやんね(笑)

 

 

田尻屋台除魂式

昨日の余韻を引きづりつつ今日も早朝より屋台蔵に集合!


20140601_090441.jpg

今日は今年の秋に地元田尻屋台が新調されるのに伴い、長年村人たちに愛されてきた旧屋台が役目を終えるということでそのお別れ会、、、いや除魂式なるものがとり行われました!

早速練り子たちの威勢の良い掛け声のもと地元の氏神さんでもある塞神社と熊野神社に屋台を移動

20140601_102146.jpg

今日でこの屋台ともお別れになってしまうということで、皆心を込めて練り上げましたよ

20140601_101556.jpg

ほんと寂しい限りですね!

20140601_102036.jpg

村の人たちの話によりますともともとこの屋台は加西のほうで使われていた屋台のようでありまして、今からちょうど100年ほど前にここ田尻へと譲り継がれてきたそうです!

20140601_100404.jpg

なのでおじーちゃんおばーちゃんの世代から、、、いやひいおじーちゃんひいおばーちゃんの時代からここ田尻の村に存在していたということになりますね

逆に言いますとこの屋台はここ田尻の歴史を約100年以上に渡って見守り続けてきたとも言えると思います!

現在田尻に在住している人ならすべてこの屋台にはお世話になってきたということですね

中には家族4世代、5世代にわたってお世話になった方もいらっしゃるかも?

私も田尻に移り住んで10年そこそこになりますげその我が家でさえ乗り子を経験させてもらった息子と共に親子2代でお世話になってます

いやはや100年と言う歴史はスゴイものです。。。

屋台の奉納が終了した後は本日参加した練り子全員で記念撮影!

20140601224323.jpg

その家族の皆さんも記念撮影~☆

20140601_094850.jpg

そしていつもの5人衆も記念撮影~☆

20140601_095819.jpg

と、いついつまでも名残りが尽きぬかのように皆めいめいにその雄姿をカメラの中へとおさめておりました

この後はしばし休憩をはさんだあと本日の最大の目的、屋台の除魂へと進んでいくわけでありますが宮司のTさんによるとどこおりないお祓いのもと無事除魂の儀が終了いたしました

20140601_104034.jpg

これにて屋台はもぬけのから?

魂が抜けてしまったということでただの屋台へと変わってしまいました

これには乗り子のみんなも魂を抜かれてしまったかの感覚ですね(笑)

今までの威勢はどこへやら、心なしか屋台を担ぎ上げるその肩にも力を感じることはできませんでした!

まあこれで新しいを迎え入れる準備が本格的に進んでいくわけですが、今度は逆に新しい屋台が待ち遠しくなってまいりますね(笑)

次回は9/28の入魂式でお会いいたしましょう♪

 

研修旅行が続きます

ここんところ研修旅行?が続いているせいか昨日もまたブログに穴をあけてしまいました(笑)

日曜日の早朝に姫路を出発し、やってまいりましたのは去年に式年遷宮を終えたばかりの伊勢神宮の内宮

20140525_143839.jpg

確か前回訪れたのはその式年遷宮の一年前だったように記憶しておりますが明らかにその時とは人の数が違いますね!

20140525_132811.jpg

時間的にもピークな時間帯だったのかも知れませんが、式年遷宮の影響からかひっきりなしに観光バスが到着しておりました!

20140525_133806.jpg

まあ我々もその影響を受けた人間の一人には変わりありませんが、やはり日本人としては参っておかない手はないですよね(笑)

20140525_134717.jpg

ここへ来ればなぜか心が落ち着きます。。。

伊勢神宮の参拝が終了すると一向は本日の宿泊先でもある鳥羽の戸田屋さんと言老舗旅館へ場所を移動

疲れた体を癒す間もなく今回の最大の目的でもある某所属団体の総会が開催されました

まあ仕事らしい仕事と言えばこれくらいしかございませんが、皆様の積極的な発言の甲斐あり予定の時間を持ってすべての審議を終了することができました!

おかげで懇親会の開宴も時間通り♪

20140525_175217.jpg

個人的にはこちらの方が最大の目的だったと言う噂も否めませんが、今回も地元で捕れたおいしい海の幸をお腹いっぱいいただくことができました(笑)

20140525_180125.jpg

今回の研修旅行の参加人数は40人超!

もちろん全員と面識があるというわけではありませんがこうやってお酒を酌み交わさせていただくことによって今回もまたたくさんのご縁をいただくことができましたね

まあ最後の方はいつものように酔っ払ってしまいましたが、またいい旅行をさせていただけたかなと思います。。。

一夜明けた二日目は名門近鉄賢島カンツリークラブでゴルフコンペ♪

20140526_075220.jpg

こちらもいつものように眠たい目をこすりこすりのプレーとなってしまいましたが、予報に反し結局最終ホールまで雨に降られることなくプレーを終了することができました

20140526_101224.jpg

逆に姫路のコンペは朝から大雨に見舞われたとか?

ほんまお気の毒に(笑)

社員旅行 台北の旅 三日目

台北の旅三日目はタイヤル族と言う少数民族が住む高原の村『鳥来(ウーライ)』へ!

20140521_358199

標高で言うと約500mくらいでしょうか?

今日も朝早くから大型バスに乗り込み、台北市内から約40分くらい時間をかけて山道を登ってまいりました

20140521_358202

駐車場でバスを下車したあとは温泉街の商店街を通り抜け次の交通手段でもあるトロッコ列車の停留駅を目指します

途中インパクトのある食べ物なんかも横目に見つつテクテクテク

20140521_358200

20140521_358201

やっと今日お世話になるトロッコ列車が見えてまいりましたよ

20140521_358204

駅に着いた面々は早速そのトロッコ列車に乗り込み、、、
20140521_358205

さらに高地より勢いよく流れる『白糸の滝』と言うところにやってまい
りました
20140521_358207

はて?確か日本のどこかにも似たような名の有名な滝があったような。。。

まあそんなことはどうでもいいのですが、少し休憩をとると言う意味でしばしフリータイムがもうけられました

と言うことで、私は早速アルコールタイムに突入ですね!

目の前にあった食道みたいなところでビール片手に地元の惣菜を楽しませていただきましたよ!
20140521_358206

私だけ(笑)

その後は『首長文化歌舞劇場』と言うところでそのタイヤル族の踊りをしばし鑑賞!

20140521_358208

リズム感あるれる元気いっぱいの踊りを堪能させていただきました!

途中お約束のようにウチのタカシが舞台へと連れて行かれこの踊りの中に参戦!!

20140521_358213

どうやら結婚の儀式をとり行っている踊りのようですが、あまり違和感なく舞台に溶け込んでいるようでありました(笑)

その後も皆次々に舞台のひうへと引きづり込まれ、、、
20140521_358214

気が付いた時には弊社のメンバー全員が舞台の上で踊り狂っておりました!
20140521_358215

でもひょっとしたら今回の台北旅行でこれが一番楽しかったかもね

みなさんキャッキャ言いながら童心へと逆戻りしておりました(笑)

そもそもこのタイヤル族とは台湾にある14の原住民部族のひとつでありまして、今から約6000年ほど前に台湾に定住し高山に住み着いたことから高山族とも言われたそうですよ!

民族の特徴としては男女とも踊りや歌がうまく、男は男で狩猟がうまい!女は女で目が大きくて美人ぞろいと言うそれはそれは明るく元気のいい部族なんだそうですよ!

なので私もこの部族一のベッピンさんと記念撮影♪

20140521_358218

美女と野獣としか言いようがない写真ではありますが、少しだけこの部族のことがわかったような気がいたしました!

まあお金に限ってだけ言えば、ここの女性は宵越しの金は持たないと言いますか、、貯蓄をするよりは目の前の楽しみをとってしまうこと言うノリのいいところあるようでありまして、現地の劉さんの解説によりますとお嫁さんにもらうにはその辺のところがちょっと心配だと言っておりました(笑)

さて楽しい時間と言うのはあっと言う間に過ぎ去ってしまうもので、こうしている間にもだんだんと帰国の時間が近づいてまいりました

名残り惜しい台湾の旅もいよいよ終わりですね

この後は免税店にてお土産物を購入し、一昨日到着した桃園空港へとバスで移動

20140521_358220

17:25発のチャイナエアラインにて日本へと飛び立っていきました

20140521_358219

おわり


最近の投稿

アーカイブ