1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. リニューアル部

リニューアル部

リニューアル工事とは

建築物の老朽化に伴い、並行して劣化していくのが建物の機械設備です。
機械設備は、一般的にその耐久年数というのは建物の寿命よりもるかに短く、約20年程度と言われております。
ここ最近では環境面や国の施策などの影響もあり、かねてからのスクラップビルドが見直され、改修工事よる付加価値の向上や機能性の向上が必要とされており、まさに改修の時代に突入したと言っても過言ではありません。
もちろん我々テラマエ設備工業が取り扱う空調設備や衛生設備というものは、建物の性能上非常に重要な一端を担っているわけです。建物に息吹を吹き込む、人間で言うところの血管に値する設備・配管等をリニューアルするということは、建物の長寿命化、あるいは省エネ性・機能性の向上を実現できる低コスト工事であると言えます。

我々テラマエ設備工業では、長年の経験で培った独自のノウハウをもとに、設備の診断・提案・設計・ 施工・アフターメンテナンスと、一貫したサービスをご提供することにより顧客の皆様方より高い評価をいただいております。
施工対象となる施設は、病院・福祉施設・オフィスビル・マンション・工場など、幅広いフィールドで 対応が可能ですので是非お問い合わせください。


リニューアル工事の目的

  • 老朽化した設備をリニューアルすることにより設備の長寿命化と安定性を図ります。
  • 省エネ機器の導入によりランニングコストの低減を図るとともに、CO2の削減により環境負荷軽減に貢献します。
  • 付加価値の高い最新設備の導入により機能性と快適性の向上を図り作業環境の向上を実現します。

具体的なリニューアル工事

・空調システムのリニューアル
・衛生設備器具のリニューアル
・換気システムのリニューアル
・給湯器・ボイラー等熱源機器のリニューアル
・老朽化した給排水管のリニューアル

リニューアル工事の対象となる建物

病院・福祉施設・オフィスビル・マンション・工場・学校 など

リニューアル工事の流れ

ご相談 ⇒ 現地調査 ⇒ 報告・提案 ⇒ 設計 ⇒ 施工 ⇒ アフターメンテナンス